美容のお仕事というと美容師がまず思い浮かびますが、他にも様々あります。
美容師はヘアスタイリストとも言いますが、ヘアカットやヘアカラー等でお客様の要望に応えるのが主な仕事です。
一人前になるには国家試験に合格しアシスタントとしての実績を積まねばならず、そのため早朝から深夜までの仕事になり大変な仕事というイメージもあります。
また、ヘアデザインに関する技術を得なければならないのと接客技術が必要です。
しかし、お客様の要望通りが思っている以上の結果を出し、喜ばれ固定客が増えると、とても大きなやりがいを感じます。
最近急増して人気ある美容の仕事がネイリストです。
爪という小さなスペースにデザインやカラーリングを施したり、ネイルケアや人工爪の作成なども行います。
デザインのセンスやテクニックが必要ですが、長時間お客様の接客をすることから美容師同様に接客技術も必要です。
そのため、お客様に気に入ってもらえると、長く利用してもらえます。
全身の美容を行うエステティシャンは、国家資格はないものの専門の資格があり、専門知識と技術でもって肌や身体の悩みや要望に応えます。
美容サロンの他に、ブライダルサロンやホテルの美容室などの職場が多いです。
身体の外面ではなく内面の悩みや要望に応えるのが、セラピストなのです。
セラピストは心理分析からリラクゼーションまでを行い、お客様を癒す心の美容が主な仕事です。
ただし、癒しやカウンセリングに関する資格や知識・技術が必要となります。
外観をきれいに仕上げる美容のお仕事は、ビューティーアドバイザー、デパートやドラッグストアの化粧品販売員のことです。
カウンセリングを行いメイクアップや肌に関するケア等のアドバイス・商品の販売を行います。
メイクアップやカラーコーディネート・接客などの資格があると有利なお仕事です。
いずれも女性に人気のある仕事ばかりですが、男性の方が多く活躍する仕事もあります。